すぬーぴーとかんこく


・唐辛子の年間使用量が日本の10倍


・ニンニク、濃い味付けが好き


・食事の量は余るほどたくさん振る舞うのが礼儀

→食べる方も「満腹でこれ以上食べられない」ことを表すために少し残すのが礼儀


・辛いものが多い

→大陸からの寒い風がはいってくるため

→日本は古来野菜やコメなどが中心だったが韓国は昔から肉を食べていた肉の濃い味に負けないようにする工夫。


・入る店すべてでキムチが出てくる

→韓国に旅行に行った友達談


・韓国ではトマトは果物扱い


・韓国のコーヒーはほぼすべて甘い

→辛い料理をよく食べるので中和のため


・刺身をコチュジャンにつけて食べる


・おかずのお代わりは無料

→かんこくにおいておかずは、主食の米を食べるための補助としての役割のため


・いただきます、ごちそうさまなどは言わない


・居酒屋などで、お通しの文化がない


・飲食店において、喫煙可能の店はない


・店に入ると店員の誘導を待たずに席につくのが普通


・駅弁という文化がない

→国土が狭いため


・食器を持ち上げるのはマナー違反


・食事の際はスプーンと箸を両方使う


・麺類を食べる際にすする音を出すのはマナー違反


・出前をとる回数が日本よりも多い

→韓国によく行く知り合い談


・女性の座り方について、胡座をかくのも片膝をつくのもOK


・お酒の注ぐタイミングについて、コップ(グラス)が空になってから注ぐ

→残っているのに注ぐのはマナー違反


・基本的にスープにご飯を入れて食べることを好む


・土壌

→日本は火山灰の酸性土壌が多く、韓国は海底の隆起により、アルカリ性土壌



http://kenkoubaizou.com/k2k0000395-post/