reporepoのブログ1

2018/10/17


研修に参加して


16fs231    板谷 友貴



  私は研修には参加していないが、事前調査や事後調査から異文化に対する理解が調査前よりも深まった。

  私の班が扱っている内容は、韓国の人々が昔から抱いてきた、大別すると負の感情である「恨」についてと、かなりデリケートな内容であるため言い回しにはかなり気を使った。想像することは出来ても、所詮私は日本人である。韓国の人々が抱く「恨」の感情はどうしても理解しえないものだ。

  正直、私たちが普段日常生活で感じることのない恨という感情について調査するのは苦労した。どの文献を読むにしても感情移入しづらいからである。

  そんな中でも、未だ完成には至っていないが、おおよそ形になってきたのは班のメンバーの功績に他ならない。私が何を調べれば良いか迷っている時には的確に指示を飛ばし、難題に頭を抱えている時には解決策を導いてくれた。彼らの助力なくしてはここまでのものは作れなかっただろう。

  調査のための合宿では、本当にしんどい思いをした。1日目などはおよそ睡眠と呼べるものは1時間も取っていなかったように思う。重くなっていく瞼をこすりながら班の仲間達と1つのプレゼン資料を作るという経験は今までの私の人生には無いものだった。今になって思うと、やはり睡眠は大切であり、いくら焦っていたとしても最低限の睡眠を取るほうが効率的だったのではないかと感じる。これは今後に活かす反省点として胸に刻んでおこうと思う。

  合宿には多くのOB.OGの方々も参加して下さった。彼らには本当に助けていただいた。文の構成や、調べ方のアドバイスなど、他にも多くのものを教えていただいた。社会に出て仕事をされている方々と直接会って話を聞くという経験はなかなかできるものでは無いので、非常に勉強になった。

  私にとって、この事前調査や合宿は、普段何気なく過ごしているだけでは得がたいものを沢山与えてくれた。特に私の中の異文化に対する理解を深めてくれたというのは、今後の人生観にも良い影響を及ぼすのではないかと思う。